お薦め

ローヤルゼリーは薬と併用してもいいか?

病気の治療で、ワルファリンカリウム(商品名:ワーファリン)を服用している場合は、
ローヤルゼリーはワルファリンカリウムの働きを強める副作用がありますので、
避けたほうがよいと思われます。

ワルファリンカリウムというのは、血液凝固阻止剤と呼ばれる薬で、
血液を固まりにくくして血行を良くする作用があります。
血栓症などの血管の病気で、よく使用されています。

すなわち、ローヤルゼリーの併用で、
出血したときに血がなかなか止まらなくなることがあります。
ローヤルゼリーをワルファリンカリウムと併用するときは、
副作用について、事前に医師に相談しておくことを、おすすめします。

またそのほかにも、病気やお薬の種類によって飲み合わせの相性に考慮が必要なものもあります。
ですので、かかりつけの医師に相談するのがよいでしょう。

基本的にローヤルゼリーは健康食品ですから害はありませんが、
ローヤルゼリーの摂取によるアレルギー反応には、注意が必要です。
特にアトピーや喘息、花粉症などのアレルギー疾患がある方は、
ローヤルゼリーの摂取は避けた方がよいでしょう。

ローヤルゼリーは薬品ではないので、1日に飲む決まった量というのはありません。
しかし、ローヤルゼリーの適切な量というのは存在します。
適切な量は1日に300ミリグラム~1グラム前後だとされていますが、
より効果的にするためには、自分の体重によって飲む量を増減した方がよいでしょう。
体重1kgあたりローヤルゼリーを10ミリグラムという風に計算します。

また、ローヤルゼリーが体質的に合わないという方もいらっしゃいます。
説明書の通りに飲んでいるのに、体調がおかしいというようなことがあれば、
ローヤルゼリーに対して過敏な体質かもしれませんので、
飲む量を減らしてみたり、医師に相談することをおすすめします。
合わない場合にはプラセンタhttp://xn--1cki4e8c6b5622anre5qaa3854cbf5apx3a.com/や青汁http://xn--nckg3oobb6892cot4az0h884h.com/を試してみると良いでしょう。
また、空腹時や胃腸が弱っている時は、ローヤルゼリーの摂取は避けた方がよいといわれています。

また、薬ではありませんが、ローヤルゼリーと一緒に摂ってはいけない食品があります。
ローヤルゼリーは、紅茶やコーヒーなどのタンニンを含む飲料とは相性が悪いのです。
ローヤルゼリーが含む鉄分がタンニンと結びついて、吸収率が落ちてしまうからです。
そのため、タンニンを含まない麦茶や水などで摂取するのがよいでしょう。

他にも、ローヤルゼリーは熱に弱いため、熱い飲み物と摂取すると、
ローヤルゼリーの一部の成分が壊れてしまいます。
そのため、常温か冷たい飲み物とともに摂取するほうがよいでしょう。
また、ローヤルゼリー以外にプロポリスhttp://xn--zckzcsa6cn1767h.com/もおすすめです。

健康な体を手に入れて、人生を楽しみましょう。
また視力を回復すると、人生観が変わります。
レーシックのクリニック選びもご覧ください。